回転処理について

回転? AngleAddでいいじゃん、とお思いでしょうが
この場合の回転は画像自体を回転させるのでなく、
画像はそのままでキャラに円運動をさせる処理です。
はっきり言って使い道は少ないですが、三角関数系トリガーの使用例ってことで書いてみます。
ストライダー飛竜のラグナロクみたいな技や
ザッパの霊魂の動き再現すんのとかには良いかも(限定されすぎだ)。
さらにはアストロ球団で氏家慎次郎が投げたビーンボール魔球みたいな軌道の飛び道具なんかも出来るかも知れません。

あと、これ書いてる人間は根本的にウスラバカなので
ラジアンやら何やらの理解度が激低いです。
もしかしたらかなりトンチンカンなこと書いてるかも知れません。
それ前提で見てやって下さい。

つっても書くのはこれだけ。

[State 9000, 1];時計回り(キャラ右向きの場合)
type = velset
trigger1 = 1
x = 1*cos(time*0.1)
y = 1*sin(time*0.1)

まず最初の数字。
ここの値をでかくすると円の半径がでかくなります。
数字に差をつけると楕円になります。
片方の数字を負の値にすると反時計回りになります。
双方を正数にすると12時の位置から、負数にすると6時の位置から回転を開始します。
変数使えばうずまき状の動きとかも出来るっぽいよーな。

timeの後の数字をでかくすると回転が高速になります。

まぁこんだけなんですけどね。
ヒマな人は試してみて下さい。
■トップへ戻る