パレットについて(1)

まず、MUGENにおいて扱う画像はインデックスカラー画像です。
インデックスカラー画像とは、256種類までの色情報を各ドットにあてはめた画像です。
その大まかな概念を説明します。

仮にこのエフェクトを用います。

(↑のサイズは60*60ですが、3*3のエフェクトと思ってください)
この画像の行と列ごとに名前を振ってやります。


そしてインデックスカラー画像は256色から成るカラーパレットを持っています。
この画像の場合は

のようなパレットになります。
上の方眼はフォトショップなどのパレットを弄ることのできるツールで見ることが出来ます。
各升目には左上から右下に向けて0〜255の色番号が振られています。
なお、255番の色は「背景色」というもので、実際にMUGENで画像を表示する時には表示されない色です。

したがって、先のエフェクトをこの行列とパレットを用いてあらわすならば、

といったようになります。
「Cbのドットは0番の色」
という意味になりますね。
MUGENにおいては、この情報を元にキャラに同梱されているactの同じ色番号に振られた色を用いて表示することになります。

■次のページへ
■トップへ戻る